2004年12月20日

【戯言】知的生産者に宿るThinkPadの精神。

今日は、ThinkPadの1件で思うところがあり、執筆してみました。メモ術実践編の最後の会は次回となります。(更新が遅れており申し訳ありません。)

IBMがレノボにPC事業を売却するニュースが流れて数日立ちます。
私も同社のノートPC、ThinkPadからIBMの冠がなくなることに悲しさを覚えている一人です。

■戦略は正しい

アナリストからは「正しい戦略」ということで米国ではIBMに対する評価は高いそうですね。確かに市場の成長に陰りが見え、その頂点も目の前にきています。更に約525億円も赤字を垂れ流しているということであれば、手放すなら早いほうが良いでしょう。高く売れますからね。そこへ、勢いを増し資金力を持つレノボが1800億円出して買ってくれるというのですから、売るのは今かもしれません。ビジネススクールの教科書どおりです。

続きを読む
posted by Dragon at 16:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年12月10日

【実践法: 情報収集と整理】InputからOutputへ 新たな価値を生み出すメモ方法

さて、前々回前回に続き私が実践している個人知識管理をご説明していきます。 前回は、ノートに対し「分野」と「分類(カテゴリー)」の2軸で管理するという内容まででした。

また、「分野」は個人個人の中で興味のある領域を設定すればよいのではないかと提案しました。私は思うのですが、それよりも重要なのが、「分類」だと思っています。なぜ、「分類」の軸を加えて管理するのか。ここはもうちょっと別の観点から深堀して説明します。これは私自身の試行錯誤の連続の中から形になっていったものです。

■そもそもなぜ、メモするのか?

続きを読む
posted by Dragon at 19:22| Comment(2) | TrackBack(0) | 情報収集と整理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年12月08日

【実践法: 情報収集と整理】個人の知識管理を実践する

前回、2回に分けるとお話しましたが、2回だとかなり長くなることと更新がなかなかできないのも問題視していますので、3回〜4回に分けて小分けで更新していきます。今後は、前回紹介したPhatNotes Professional Editionをもとに私が実践しているノート整理や知識管理などをご紹介しようと思っていますが、今回はその前提として必要となる事項を中心にご説明します。

また、以前このBlogで紹介したこともある下記の書籍をもとに私自身が応用し実践しているものですので、既に読んでいる方などはすぐにご参考いただけるかもしれません。

【参考書籍】
1. 「知的生産の技術
 レビューはこちら

2. 「一冊の手帳で夢は必ずかなう - なりたい自分になるシンプルな方法
 レビューはこちら

3. 「発想法―創造性開発のために」、「続・発想法

続きを読む
posted by Dragon at 16:38| Comment(0) | TrackBack(1) | 情報収集と整理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。